2015年01月17日

あれから20年

今日は1月17日

ちょうど20年前に阪神淡路大震災のあった日です。

先日の成人の日でも震災の日生まれの方が新聞に載っていました。

当然記憶はありませんが、その日、その場所で生まれたという事で

使命感を持ち惨事を風化させないよう勤めている事は素晴らしいと思います。



少し話しは違いますが

「3.11」の「釜石の奇跡」はご存じでしょうか。

詳しい事はネットで沢山載っているので省きますが

同市の小中学生、そのほとんどが犠牲になっていないという話しです。

その理由は2004年から続けられた「津波てんでんこ」に繋がる防災教育です。




その防災教育を指導された、群馬大学大学院教授・片田敏孝氏の動画です。

(5分くらいのところからでも見て頂けるといいと思います)



天災によって何らかの犠牲が出てしまうのは

悔しくても、仕方のない事なのかもしれません。

しかし、準備しておく事、話し合っておく事で

守れる命があるのなら、今この時に備えておく必要は絶対あると思います。



地震が起きたら、まずこれをしろ!

このブログでも何度か紹介してきたサイトです。

私は色々な教訓をすぐに忘れてしまいます。

今日はこのサイトをもう一度見返し

日曜日の明日は防災グッツを確認したり、

家族と避難について話し合おうと思います。




posted by 柴村友之 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記