2016年08月20日

お盆休み

今年の夏は本当に暑いですね〜

私は室内での仕事が多いのですが

この時期、職人さんや監督達には本当に頭が上がりません。

ご苦労様です!!



さて、今年のお盆も広島の実家に行ったのですが、

その道中「美川ムー・バレー」というテーマパークに寄ってみることにしました!

今年で20周年の施設ですが、広島の嫁も(当然私も)

今までまったく知りませんでしたよ〜

ま〜B級パラダイスかなと思いつつ

冷やかし半分で行ってみましょう!

(期待して行って落胆するのがいやなだけ)



岩国インターを降りて錦川沿いを約30分

IMG_5681.JPG

お盆休みということもあり結構な人です

駐車場もいっぱい。

ここは元玖珂鉱山だった坑道を利用たテーマパーク

地下王国として演出され、名前の通りムー大陸など

古代の不思議な遺跡をミックスしています。


IMG_5693.JPG

坑内は最小限の照明で薄暗く、雰囲気満点!!

なにより超涼しいです〜!

年間通して約16℃

もう真夏には最高です!!


Img_5707.jpg

こんな雰囲気の中を様々なミッションを解きながら進んでいきます。

三段階の難易度から私達は「普通」を選択したのですが

容量を得るまで右往左往

結構、大人でも楽しめるかもです。

(ミッションの内容は定期的に変わっている様です)




いたるところに

IMG_5698.JPG

謎の石像や


IMG_5695.JPG

なんだろう壁画


IMG_5685.JPG

ピラミッド言い張る段差

などなど不思議なものが現れますが

そこは本物の地下鉱山!

横と縦に広がる坑道を上手に利用していて、とてもいい!!


IMG_5703.JPG

これなんかも遥か奥底の方に、目を凝らして見ると

何やらオーパーツの様なものが・・・

もう男心がわかってらっしゃるW



そんな中

IMG_5696.JPG

本物の坑道が現れたりもして、子供たちには勉強になります。



坂道や階段、分かれ道もあり

渡された地図ちゃんとを見ないと迷子になりそう・・・

(ゴールまで850mらしい)



後半になると

IMG_5699.JPG

綺麗にライトアップされた洞窟や

(下半分は水です)

IMG_5704.JPG

滝も現れます!

(この大量の水は天然ですかね?)




IMG_5706.JPG

黄金のロケット・・・じゃないスペースシャトルや

古代バクダッドの電池、錆びない鉄柱などの展示もあり

好きな人は「これ知ってる〜」ってなる。



ミッションをクリアして投函すれば

何かわからないけどオリジナルグッツが抽選で当たるらしいですよ。



大体、1時間くらいで出てこれるらしいのですが

ミッションで行ったり来たりした我が家は一時間半以上

掛かってしまいました・・・



とにかく、涼しくて楽しい時間でした。

B級だなんて言ってゴメンナサイ〜


道中、錦川で遊べるポイントが幾つもあったので

帰りに川遊びなんかもできます。

暑い夏場

家族で行くのもいいかもですヨ!




posted by 柴村友之 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月16日

2月も半ば・・・

週末に出そう出そうと思っていたものが出せました。


1334.JPG


娘は忙しそうで手伝ってくれませんでしたが

弟くんが楽しそうに手伝ってくれました。

お陰様でこんなです・・・



忙しそうな娘(小4)はキッチンを占領しています。

この時期になると女の子は大変です。

最近は義理チョコではなく友チョコって言うんですね

そんな友チョコを沢山作っていました。


1337.JPG


そして、私も多分余り物らしきものを頂きました!

甘さ控えめでシットリ!

美味しかった〜

失敗しない簡単レシピをこっそり教えてたお母さんにも感謝ですな!

ありがとうね!!




posted by 柴村友之 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月06日

新年明けましておめでとう御座います。

大変ご無沙汰しております。

今日から仕事始めです。

昨年末には更新しようと思ってましたが

もう最後までバタバタでした。



色々とネタがあって

写真だけアップロードして

休みの間に更新しようと思っていたのですが

甘かったですね

お父さんは、なんやらかんやら大変ですね・・・



昨年も言っていましたが

今年はもっとブログしようと思います。

自分自身の整理にもなりますしね。



本当、まったく更新しない当ブログですが

今年も一年お付き合いのほど

よろしくお願い致します m(_ _)m



posted by 柴村友之 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月19日

夏期休暇


画像 023.jpg

宮島に行って来ました!

と言っても妻の実家の近くですが・・・


目的地は宮島水族館!!

甥っ子達も一緒です〜

画像 019.jpg

宮島水族館は最近(4年前)にリニューアルされたばかりでとても綺麗。

スナメリやアシカのショーが有名らしいです。

画像 024.jpg

これは牡蠣養殖の展示ですね。

今、調べたら「直立するワニ」なんかも居たらしいですふらふら



そして、宮島と言えば「紅葉まんじゅう」

「生紅葉まんじゅう」など色々な種類がありますが

最近、流行っているのは「揚げ紅葉まんじゅう」なるものらしいのです。

そら頂かない訳にはいきません!!

画像 022.jpg

画像 021.jpg

なるほど、まんま紅葉まんじゅうを揚げています〜

沢山のお店で売っているのですが、このお店では

「あんこ」と「クリーム」と「チーズ」

画像 020.jpg

私が頂いたのは「あんこ」

おや!!

揚げたてサクサクの新食感!!

というか結構別物です! 美味しい!!


残念ながらお土産用としては販売していないのですが

そのまま天ぷら粉で揚げているだけなので

お土産に頂いた紅葉まんじゅうを家で揚げるのもいいかもですよわーい(嬉しい顔)



posted by 柴村友之 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月17日

あれから20年

今日は1月17日

ちょうど20年前に阪神淡路大震災のあった日です。

先日の成人の日でも震災の日生まれの方が新聞に載っていました。

当然記憶はありませんが、その日、その場所で生まれたという事で

使命感を持ち惨事を風化させないよう勤めている事は素晴らしいと思います。



少し話しは違いますが

「3.11」の「釜石の奇跡」はご存じでしょうか。

詳しい事はネットで沢山載っているので省きますが

同市の小中学生、そのほとんどが犠牲になっていないという話しです。

その理由は2004年から続けられた「津波てんでんこ」に繋がる防災教育です。




その防災教育を指導された、群馬大学大学院教授・片田敏孝氏の動画です。

(5分くらいのところからでも見て頂けるといいと思います)



天災によって何らかの犠牲が出てしまうのは

悔しくても、仕方のない事なのかもしれません。

しかし、準備しておく事、話し合っておく事で

守れる命があるのなら、今この時に備えておく必要は絶対あると思います。



地震が起きたら、まずこれをしろ!

このブログでも何度か紹介してきたサイトです。

私は色々な教訓をすぐに忘れてしまいます。

今日はこのサイトをもう一度見返し

日曜日の明日は防災グッツを確認したり、

家族と避難について話し合おうと思います。




posted by 柴村友之 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月29日

仕事納め

今年はそうでもないかな・・・

と思っていましたが

甘かったですね

例年の様にバタバタとした年の瀬でしたあせあせ(飛び散る汗)

追い打ちで長男がインフルエンザになるし・・・

(予防接種のお陰で本人はピンピンしてますが)



今年は増税後の冷え込みも思ったほどではなく

お陰様で良い年になりました。

この調子で来年も更に邁進していこうと思います!

月に1回、更新するかどうか・・・というこのブログ

いつもご覧頂きありがとう御座います。

来年もこんな感じでしょうがよろしくお願い致します。



ちなみに井上建設の年賀状

今年はこんな感じに仕上げました。


Image1.jpg


ちょうど一年前の今頃に竣工したお宅ですが

写真が間に合わなかったので

一年間暖めていたものです〜

良い感じでしょ!?



posted by 柴村友之 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月28日

植樹祭

少し前ですが、家族で耶馬渓の植樹祭に行ってきました。

画像 043.jpg



主催は「耶馬の森林」育成協議会ですが

北九州市上下水道局の参加枠としてやって来ました。

会場には北九州市のみならず大分方面からも、総勢500名以上の参加者

もう大イベントです!!


話しを聞いた時はどうして水道局が? なぜ耶馬渓? と思ったのですが

簡単に説明すると「水源確保の為の植樹」です。

山に豊かな照葉樹林があることで土に保水力を与え、土砂崩れも防ぎます。

要は人間のための植樹です! 

いいですね〜 大賛成!!


耶馬渓については、恥ずかしながら今回初めて知ったのですが

北九州市は耶馬渓貯水池からも水を供給しているそうです。

昨日使った水もここから来ているのかと思うとやる気が出てきます!!



勿論、記念植樹なのでこういうのもあります。

画像 050.jpg

娘のネームプレート

「大きくな〜れ!」

絵もかわいいですね〜



画像 047.jpg

一緒に来てくれた娘のお友達

すごいいっぱい書いてある!

移動中のバスであった説明をちゃんと理解して、偉いな〜



画像 045.jpg

4歳になった息子

随分書けるようになりました!(半分はお母さんがお手伝い・・・)



画像 044.jpg

息子の裏面w

数字は自分で書けるようになりましたもんね〜



画像 052.jpg

今回の植樹は「山桜」と「紅葉」

私たちは「紅葉」班です。

現地では既にスタッフの方が穴を掘って頂いていたので

私たちの作業はスコップで簡単に済んじゃいました〜

一人 2〜3本の苗木を植えたので、みんな大きく成長してくれればいいな!



子供達が大きくなった紅葉頃、家族みんなで再び訪れようと思います。







posted by 柴村友之 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月17日

TOTOの工場見学

お久しぶりです!

今日は小倉にあるTOTOさんの工場見学に行ってきました!

ご近所ですが、なかなかこういう機会はありません

しっかり勉強してきましたよ〜

画像 024.jpg



と、言っても

工場内の写真は当然NG

しかもここでTOTOさんの回し者の様に商品紹介をするのは

ちょっと違うような気もするので

トリビア的な感じで進めていこうと思います〜



画像 022.jpg

これは色々なサイズの小便器を展示している訳ではありません。

右から 成形品、乾燥品、完成品

要は炉に入れて焼くとこれだけ小さくなるそうです。

私も初めて知った時は、よくこれで商品の精度が保てるなと驚きました。

検品も厳しいので、どのくらい破棄するのか聞きましたが

約5%だそうです!

塗装なども含めた数字なので凄いですね〜

海外の陶器メーカーだと2〜3割くらい破棄する所もあるらしく

業界トップとの事です〜!



画像 023.jpg

一番左がお相撲さん用の便器

大きくて、耐荷重もビック!

真ん中の一般便器と比べると一目瞭然です。

右側はご存じ、幼児用便器。かわいいですね〜



工場で撮れた写真はこれだけ

しかし工場内は綺麗で、作業員の方々もみなさん挨拶してくれました。

製造工程で様々なアイデアを出し合っていたりと

我々も真似すべき点が多かったように思います。



そして、ここではちょっと書けない様なことも教えて頂いたので

お客様との打合せの時にでもコソッとお伝えしようかな・・・



続きまして、

歴史資料館にも案内して頂きました。

2017年で創業100周年にもなるTOTOさんの生い立ちを

商品を見ながら知ることが出来ます。

こちらはトリビアが沢山!!



画像 025.jpg

これはTOTOさんのものではないのですが

まだ上水が家庭にまで普及していなかった頃の共用栓です。

写真は海外からの輸入品でライオンの口から水が出ていましたが

当時、ライオンはまだ一般的ではなく、龍に形を変えて日本に出回ったそうです。

しかし、文化的に龍と蛇を混同していた時代から

龍ではなく蛇

蛇の口

蛇口

となったそうです・・・「へ〜」「へ〜」「へ〜」←古いw



画像 026.jpg

これは創業当時の混合水洗とシャワー

これ、このまま新商品として出したら売れそうですよね〜



画像 027.jpg

一番左が小さなヨーロッパ仕様

木製の蓋が付いているのが大きなアメリカ仕様

どちらがいいのか分からないので、当時は両方作っていたそうです。



画像 029.jpg

当時のカタログ

手書きです。

これでは良く伝わらないので

画像 028.jpg

このようなミニチュアを持ち歩いて営業していたそうです。

かわいくて欲しくなっちゃいますね〜



画像 030.jpg

男女共用の小便器

国立陸上競技場でも有名ですね。



画像 032.jpg

海外で見かけるビデです。

原型は木製の細長いタライで、

これにまたがるようにして洗っていました。

そのまたがる様子から子馬を意味する「bidet」に由来しています。

「へ〜」←1へー



画像 035.jpg

この小さいのはなんでしょうね

ま、書いてありますが、たん吐き器です。

1940年までと書いてあるので、昭和15年ですね。

洗面器でいいようなものの

何故ぜわざわざこのようなものを作ったのでしょう?


当時は衛生面もあまり良くなく、伝染病の抑止や

石炭がエネルギーの主役だった為、空気もあまり綺麗ではなかったため

ではないかと言われているそうです。

そしてもう一つ、洗面台も今のような混合水洗ではなく

冷水と温水の蛇口が別々にあったため

洗面器に水を溜め適温にしてから顔を洗っていたそうです。

顔を洗う所でたんを吐くのもいかがなものか・・・

と、いうことで、たん吐き器を作ったとも言われているそうです。



画像 033.jpg

ところで、昔の水洗ってこんな感じで蛇口が短くて洗いずらいなと思ったことありませんか?

これも、先程のように洗面器にお湯を溜めて手や顔を洗いやすいように

洗面器側のスペースを広く取るためだそうです。

なるほどね〜



画像 034.jpg

これは茶殻流し

初め社員の方も何に使っていたものか分からなかったらしいです。

歴史が深いとそんな事もあるんですね〜



画像 037.jpg

今や日本の常識、ウォシュレット

TOTOさんの特許です。

で、その由来ですが

「WASHLET」

なんか洗うっていうのは分かりますが・・・

「wash」「let」

ひっくり返して

「let」「wash」

「let's wash」

レッツ!ウォッシュ!w



画像 040.jpg

本業の便器が波に乗るまで、陶磁器の食器を売っていたのは有名な話し。


画像 039.jpg

画像 038.jpg

色々な種類の刻印があるそうです。


知らなかったのですが、「ノリタケ」の前身が同社だそうです〜

画像 041.jpg




〜おまけ〜

こういう所に行くと必ず頂けるノベルティーグッツ

TOTOさんは昔から楽しいものを作っています。

画像 018.jpg

さて今回は?



画像 019.jpg

便器型の石鹸w

しかも「シャボン玉石けん

さすが北九州の企業w



画像 020.jpg

単なるキーホルダーかと思いきや



画像 021.jpg

蓋開けると光る! みたいなww


いや〜本当、今日は愉しませて頂きました!!








あっ!コレもノリタケ!!

画像 018.jpg







posted by 柴村友之 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月16日

眼鏡

私、日頃からパソコンと向き合う事が多いのですが

なぜか昔から目だけはいい方でして・・・

両目とも視力1.5くらいはあります。


廻りからは「急に老眼来るよ〜」と脅かされて来ましたが

43歳

来ました。とうとう来ました。

もう近くがぼやけていますw


遠くは今まで通り見えるのですが

本当、近くが見えないんですね〜

つい手が伸びてしまいます・・・



という訳で

画像.jpg

こんなんなりましたw

こんにちは! 初老です!!



posted by 柴村友之 at 14:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月19日

ミラノサローネ視察〜4日目〜最終回

さて、ミラノサローネ視察シリーズ

もう随分とやっていますので(更新が遅いせいですが・・・)

そろそろ最終回にしたいと思います!

最後は前回お知らせした通り「アウトオブサローネ」です。



会場という会場はないのですが

若手デザイナーや学生が集中している地区に案内して頂きました。

IMGP0524.JPG

ここは工場地域のギャラリーという感じです。




IMGP0525.JPG

ダーツをイメージした壁掛け鏡ですが

ダート(矢)の部分がフックになっていてコートなどを

掛けられる様になっています。


IMGP0530.JPG

私もよくこんな風に本を平積みしてしまいますが

よく見ると棚状にフレームが入っていて本が簡単に取出せる様になっています。

生活を逆手に取ったデザインで楽しいですね〜


IMGP0540.JPG

なんでしょうね?箱状の棚の下に袋が付いています。

IMGP0539.JPG

なるほどね〜引き出しを引くと袋に収納できるのね〜

角のディテールがポイント(主役)ですね!


IMGP0550.JPG

突然ですがここでクイズ!

「デデン!」

このダイニングセット、一見普通ですが何かがおかしい。

さて、どこがおかしい?

正解はブログの最後で!


IMGP0552.JPG

アウトオブサローネでもLEDを生かしたデザイン照明が沢山

なんだか神秘的な印象の作品です。

IMGP0554.JPG

当然裏側を見ますw

以外にLEDの間隔が離れています。

器具と壁との距離が重要みたいですね。


IMGP0566.JPG

こういったシンプルで可愛らしい作品も大好物〜

展示方法も可愛らしい〜


IMGP0575.JPG

四角い箱のスツールですが

ボーリングみたいに指を突っ込んで片手で持ち上げることができます。


IMGP0591.JPG

このライトスタンド売ってたら買ってたかも・・・だって

IMGP0589.JPG

こんな風に壁に掛けられる!

なんていいアイデア!


IMGP0603.JPG

この椅子をデザインした女性が「座ってみて〜」と言うので座ってみたのですが。

本当、見た目と対象的でフカフカでとても柔らかい!

彼女の「でしょ〜」という顔が印象的でしたw


その他にも

IMGP0608.JPG

「金の延棒ベンチ」や

IMGP0609.JPG

「ドル札チェア」なんかもありました。



ここで会場を移動・・・

IMGP0618.JPG

張りぼてやテントにペイントして会場も手作り感満載!


IMGP0623.JPG

これは古紙を自分たちで再生し成形したランプシェード。


IMGP0627.JPG

こういった若さみなぎる力作も見てて刺激になります。


IMGP0630.JPG

ビジネスチャンスに繋げるのでしょう

作品の横にはデザイナーの名刺が置いてあるのですが

この作品の横には日本人名の名刺が!

ミラノサローネもでしたが日本人が頑張っていると嬉しくなると共に

私も頑張らなければ! と思います。


自分的には随分と端折ってご紹介したミラノですが

あれですね

直ぐさま建築の仕事に役立つか分かりませんが

色使いやディテールの再確認、新たな発見ができたりと、大変充実した旅でした。

なによりイタリアの素晴らしい町並みと、それを尊重し保全していこうという文化。

そこにそれを土台とした新しい価値観とデザインが重なっていることの美しさ。

やっぱりそこに行かないと分からないものは沢山ありますね。

今度はどこにしようかな?



おっと忘れてた!

IMGP0550.JPG

これの答え!!

答えは「テーブルの脚がない」でした〜

IMGP0549.JPG

こんな風に椅子の肘掛けがテーブルにくっついています。

勿論、スライドレールで椅子を引くことも可能です〜




追記

本当はこの後「食事編」をするつもりでした・・・

画像 133.jpg

ほら美味しそうでしょ?

でもね、いつまでも昔の事を書くのはよくないと思いまして・・・

そろそろこのブログも通常運転に戻さないとと思いまして・・・

でもね、最後に一つ・・・



皆さん「グラッパ」ってご存じでしょうか?

私も初めてしったのですが、簡単に言うとアルコール度数の高い食後酒。

勿論、同行した皆さんで頂きました〜

画像 143.jpg

なんとウエイターはあの「ヴァンダレイ シウバ」!!

00c30e73.jpg

凄い!!



画像 145.jpg

「グラッパ」のかけ声と共に一気に飲み干します〜

食後酒なので勿論おかわりはなし!

「ごちそうさまでした〜」





画像 146.jpg

あれ?




posted by 柴村友之 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月21日

ミラノサローネ視察〜4日目〜その6

お久しぶりです!

さて、今回は予告通りにミラノサローネ最終回です!

メーカー名はなしにして

気になったものをご紹介〜


IMGP0454.JPG

イームズのオリジナル、FRPの座面です。

やっぱりFRPの方が表情と暖かみがあっていいですね!



IMGP0458.JPG

よくある伸縮式のテーブルですが

鉄板を動かすと木製の天版が見えます。

どのようになってるのか下を覗くと・・・


IMGP0459.JPG

結構シンプルと言うか無造作に作ってありました。



IMGP0456.JPG

こういう厚さを見せないテーブルも定番ですが綺麗

これも下から覗きます〜


IMGP0460.JPG

二枚重ねですか〜

でもこういう潔さも見習いましょう。



IMGP0463.JPG

これは「お〜」と思いました。

無垢材を反った様に整形して、そこが取手になっています。

家具にとってタブーである事を逆手にデザイン

全体の木目も揃っているし

本当、美品!



IMGP0464.JPG

美しいですね〜

おねえさん・・・

ではなくて、スタンドライト

ヤコブセンのリデザインという感じですが

LEDの恩恵でライト部分が薄く仕上がっています。


しかし、イタリアの女性は美しい人ばかり〜

男性もカッコイイし、お洒落!



幾つかブースもご紹介。

IMGP0468.JPG

照明をアクセントにしたり


IMGP0471.JPG

サインをパンチングで可愛く


IMGP0472.JPG

こういうのもいいですね。

でもカーテンのプリーツの付け方とか結構難しかったりします。

と思っていたら

写真の右側に同じ事考えてるおじさん発見ww


IMGP0477.JPG

この照明はワイヤーで全部引張っているのでしょうね。


IMGP0474.JPG

雑貨のブースも沢山ありました。

女性が沢山です。万国共通ですね〜

ここは全部時計ですね。



IMGP0490.JPG

なんだか美味しそうな椅子w

どうやって作っているのでしょう?


IMGP0492.JPG

このテーブルは蝶番で角がパタンパタンと折れ

クルッと45度回すと一回り小さなテーブルになります。


IMGP0493.JPG

これを見ていたら廻りがえらい日本人ばかりになって

「なにこれ?なにこれ?」としていたら

店員が無言で「パタン、パタン」

無言でドヤ!!

なんか面白かったです。


IMGP0497.JPG

影が綺麗なテーブルです。




サローネでは家具だけではなく

色々な会場で照明や家電なども展示しています。

時間もないので取り合えず照明の会場へ移動。


IMGP0503.JPG

やはりここでも大きな照明器具が・・・


そして以外だったのが

シャンデリア(のメーカー)が多かった事

大体半分くらい。

IMGP0509.JPG

それでもこんなデザインのものもあります。

インパクト大!!


IMGP0511.JPG

シンプルな室内にシャンデリアもgood!

素敵ですね〜


IMGP0515.JPG

それでもLEDを生かした薄型でスッキリとした

デザインのものが主流。


IMGP0517.JPG

個人的に形だけに拘るのはあまり好きではありませんが

こういうのを見ていると、この照明を生かした空間作り

というのも面白いと思うようになってきました。


IMGP0518.JPG

このスタンドもなんだかUFOみたいで楽しい。


IMGP0519.JPG

滴をイメージしたダウンライト。

よりも

建築してる人は左から4番目と5番目に惹かれます。



さて、

これにてミラノサローネ編終了です。



そうです。前回告知していた通り

次回はアウトオブサローネ編です。



アウトオブサローネとは

本会場とは別に若手デザイナーや学生達が

自主的に行っている、いわばアンオフィシャルなミラノサローネです。


こちらも楽しいですよ〜

というか、こっちの方が楽しいかも!?



posted by 柴村友之 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月26日

ミラノサローネ視察〜4日目〜その5

edra

イタリアの老舗ソファーメーカー

奇抜と言うか、プロダクト的と言うか

何というかアート的な家具が多いメーカーでもあります。

p201795_488_336-1.jpg

この渦巻きソファーなんか有名

ドラマなんかで一回は見たことあると思います。



IMGP0424.JPG

鏡を幾重に重ねているチェスト

光の反射で陰影が面白いことになってますね。



IMGP0425.JPG

紐を括り付けて?形にした椅子や

IMGP0426.JPG

樹脂を麺状にして整形した椅子など

もうそれ自体がオブジェ。



IMGP0427.JPG

このソファは好き!

青い空に雲がかかった感じでいいですよね〜

実物はもっと柔らかい感じ

IMGP0428.JPG

ん〜

遠目で見た方が雲っぽいけど

家にあると明るい気持ちになりそうなソファです!




viccarbe

実は今回サローネを案内して頂いている

イタリア在住のデザイナー大城健作さんの作品も

取り扱っているメーカーです。


IMGP0436.JPG

これが大城さんデザインのラウンジチェアー

片方の肘掛けが大きくなっていて

そこでノートパソコンなどちょっとした作業ができるそうです。

かっこいいですね〜

サッカーのレアル・マドリードのオフィスでも使われているそうです。

(大城氏FBより)



IMGP0434.JPG

こちらは深澤直人さんのソファー

なんか深澤さんっぽくないな〜

(悪い意味じゃないですよ)

海外を意識してる感じ・・・(←偉そう)




kose

陶器メーカーなのかな?

すごく印象的だった。


IMGP0447.JPG

なんか絵画みたいですよね〜

綺麗だな〜


IMGP0448.JPG

横から見る・・・

あら薄!

もう容器としての役目は果たしてないですね

器だけで完結! オブジェ!






いやしかし長いことサローネやってますね。

当然、更新が遅いのもありますが

沢山、お見せしたいものがあるから仕方ありませんふらふら



しかし、ご安心を!

次回でミラノサローネ終わります!

終わりにします!!



で、

ミラノサローネが終わったら

次は

アウトオブサローネです!!



いつまでやるんかい!!





posted by 柴村友之 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月13日

ミラノサローネ視察〜4日目〜その4

久しぶりの更新、皆さんお元気でしょうか?

このブログ、ひっそりとやっているつもりですが

見て下さる方も結構少なくないようで・・・

「まだ更新してない」という声が聞こえてきそうです・・・



さて、それではミラノサローネの続きですよ〜



Alias

IMGP0360.JPG

おや?上からの写真かな?

っと思ったら実は・・・


IMGP0359.JPG

壁を利用したディスプレイ

こんな感じの見せ方は他のブースでも結構見ました。


IMGP0361.JPG

ありそでない、綺麗なデザイン

細い脚がさらにゆっくりと細くなる所が綺麗ですね。

ここはマリオ・ボッタとかジャスパー・モリソンのものもあります。



Vitra

イームズやパントンで有名なVitra

IMGP0363.JPG

いきなり「なんだこれは?」なブース

近づくと・・・


IMGP0364.JPG

衣装ケース!!

面白いこと考えますね〜

しかもこんな事も出来ます↓


IMGP0370.JPG

半透明のケースと白いケースを組み合わせて・・・

チープな材料で綺麗に見せるなんて凄い!!


っと感心していたら

肝心の家具を撮り忘れてた・・・(>_<)



Artek

IMGP0373.JPG

artekといえばアアルト

アアルトといえばstool60

どんな新色かな〜と思って探すと・・・


IMGP0374.JPG

こんな隅に追いやられてる・・・(T_T)

悲しい・・・



と思っていたら

IMGP0377.JPG

あった!

シックな色もいいけど、木目は初めて見た!

好きな椅子があると嬉しいですね〜




capnext

ごめんなさい、メーカー名がわかんない・・・

IMGP0392.JPG

普通な形のキャビネットですが


IMGP0393.JPG

扉にこんな彫込みが

塗装はせず素地のままなので

年月が経ってどのように変化するのでしょうね?



PP Mobler

IMGP0395.JPG

ハンス・J・ウェグナーンのベアチェアー(多分復刻版)ですね

オットマンは掘出し物で所有しているものと同じですが

やっぱ私のは脚が短い・・・

前の持ち主が切っちったんでしょうね

オリジナルかな〜? そうだったら勿体ないよな〜



MAGIS

MAGISは日本語サイトがあるんですね〜


IMGP0413.JPG

色使い。(奥のソファーも合わせて)


IMGP0414.JPG

こういったメッキでキラキラしたのはあまり好みではなかったのですが

こう色々と見ているとそうでも無くなってきました。

ちょっとだけ自分の引出しが増えた気がします。

やっぱり見るの大切ですね。


IMGP0417.JPG

キャビネット

IMGP0416.JPG

引違い扉は一枚の鉄板で

敷居の細い溝に落とし込む、簡単な構造


IMGP0418.JPG

深澤直人さんの「ピザテーブル」


IMGP0419.JPG

全てフェルトで覆い被せた椅子

可愛いですね。





まだまだ続きます!!




posted by 柴村友之 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月01日

ミラノサローネ視察〜4日目〜その3

もう飽きられたかもしれませんが

まだまだ続きます〜

だって、この日一日で300枚以上写真撮ってますからね・・・

多分、「その6」くらいまで行くかも・・・



家具ばかりも面白くないので

少しブースのデザインも



IMGP0330.JPG

以外に多く見たのが格子


IMGP0331.JPG

近くで見ると、格子の間隔がランダム

もう少し間隔が広い方がいいような気もしますが・・・



IMGP0332.JPG

おや!?



IMGP0334.JPG


IMGP0368.JPG


IMGP0389.JPG


IMGP0379.JPG

こんな感じで部分的に壁をカラフルに見せている所がほんと多かった。


家具も最近はデコラティブなデザイン(モダンデコ?)が

増えてきていると思っていたのですが

以外と細身でシンプルなものが多いような気がする。

でもモダンデコのようなカラフルな色使いは残っている・・・

と、いった感じですね〜




LIVING DIVANI

IMGP0338.JPG

ここの壁はテント地でできていて

壁内からの照明で「光る壁」に!


IMGP0342.JPG

細身のデザインにカラフルな色使い


IMGP0341.JPG

椅子がひっくり返ったみたいなデザイン

こんなのも好き〜


IMGP0339.JPG

これこれ

これ欲しい〜!

その名も「スタッキング テーブル」!

同じ形をした脚を持つ箱を

スタッキングしてるだけなんですが

使えそうじゃないですか?


子供のおもちゃなんか入れても

「パッ」と出して

「パッ」と片付けられそう〜


でも一番上は箱形じゃなくて只の板の方がいいかな

スタッキングすれば蓋!

単体で子供用テーブル!




Kartell

IMGP0345.JPG

そうカルテルです。

リンクはこっちの方がいいかな、


カルテルと言えば

フィリップ・スタルクや吉岡徳仁さん

と、思っていたら

IMGP0347.JPG

ご本人登場!!

インタビュー中ですが、凄い人集り〜!


IMGP0348.JPG

徳仁さんの作品。

人が多くて、綺麗に撮れんじゃん!


IMGP0354.JPG

ファン・ユールのリデザインって感じでしょうか。



つづく




posted by 柴村友之 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月25日

ミラノサローネ視察〜4日目〜その2

saba italia

IMGP0293.JPG

こんなランダムな感じの間仕切り棚は結構見ました。



IMGP0297.JPG

こういう椅子って座り心地どうなんだろう?

と思って座ってみました〜



IMG_3066.JPG

お!?

見た目と正反対で、

包み込まれる感じでとてもいいです!




clei

IMGP0306.JPG

さてこれは何でしょう?



IMGP0307.JPG

実はキッチン!?

ちゃんとシンクやコンロ、オーブン、換気扇、冷蔵庫まで

一つのユニットに収まっています〜

単身やセカンドキッチンによさそうですが

実用性はいかに?




BONALDO

IMGP0313.JPG

この位の色合いが数多く出展されていました。



IMGP0314.JPG

また大きな照明

大きくてもデザインがシンプルなので

いやらしくありません。

スタンド自体が光っているのも面白いですね。



IMGP0315.JPG

天板を薄く見せるのは当たり前。

高さや形状を変えて、個々のテーブルを

組み合わせてるのがいいな〜

よく見ると結構複雑・・・




baxter

IMGP0325.JPG


IMGP0323.JPG

個性的なブランドですね〜


IMGP0321.JPG

コンクリートの様な柄の椅子。

最近の印刷技術は凄い!!


IMGP0327.JPG

寄木かな? と思って近づいてみたら

ただ単に着色していただけ・・・

でもこれもアリだな〜

面白い〜




まだまだまだまだ

続きますよ〜




posted by 柴村友之 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月18日

ミラノサローネ視察〜4日目 その1〜

やっと本命のミラノサローネです。

会場はフィエラ・ミラノ国際見本市会場

設計はマッシミリアーノ・フクサス氏

画像 060.jpg

会場は本当に広くて、世界各国から沢山の人が集まっています。



入口から会場まで結構な距離があるのですが

その途中には幾つものカフェがありました。

IMGP0227.JPG



しかし、あまりにも広く、出店数も800近いらしいので

一日で全てを見るのは不可能ですね・・・

取り合えず、気になった所を挙げていこうと思います〜



Poliform

アクタスでも取扱っている(金額も)アダルトなメーカー


IMGP0241.JPG


IMGP0234.JPG


IMGP0236.JPG

IMGP0239.JPG


彩度の低い色使いでパープルをアクセントにしています。

しかし照明器具が大きいです。

どのメーカーも大きいので、トレンドですかね〜




Flexform

ここも高級ブランドですね〜


IMGP0249.JPG


IMGP0254.JPG


ソファーは座面が低くて、広いものが流行っているそうです。

照明でかい・・・


IMGP0250.JPG

クッションにボリュームがあっても

フレームが細いと軽快な印象が・・・好きだな〜


IMGP0253.JPG

ヘッドレストにウエイトを付けてポンと置くだけ!




Porada

柔らかな曲線の木工が特徴


IMGP0267.JPG

やっぱりこういう椅子はいいな。

どんな家でも合う!

和風でも合う!


IMGP0266.JPG

戸の枠が取手になっています。

幾つか並ぶと本当綺麗。


IMGP0269.JPG

ソファーサイドの照明

いい存在感ですね〜


IMGP0270.JPG

これも、どんな家でも合いそうです。


IMGP0271.JPG

これぞPorada!




Giulio Marelli

IMGP0281.JPG

やっぱり、低くて広いソファー


IMGP0280.JPG

こういう面で光るのをやってみたいけど

影が出たりして、難しそう・・・




TONON

IMGP0284.JPG

こんな可愛らしい形で

淡い色合いの椅子も嫌いじゃない〜


IMGP0285.JPG

ちょっとトーネットっぽい椅子

単純な形だけど接合部なんかは難しそう。




Res

ドアのメーカーです。

光沢のあるドアが綺麗です。


IMGP0289.JPG

おや?!格子ですか? と思ったのですが

框の表裏にアクリル板を貼っています。


IMGP0290.JPG

これは Res じゃないけど

隣のブースにあった暖炉!!

スゴイ!!




つづく




posted by 柴村友之 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月07日

明けていましたおめでとう御座います。

私も昨日より通常営業

皆様、良い年越しを過ごせましたでしょうか?



私はいつもより少し長いお正月休みを

いつものように過ごして居りました〜



子供達と遊んだり〜


雪の中、平尾台まで走り納めに行ったり〜(寒)

画像 019.jpg


双方の実家で大酒を頂いたリ〜

画像 020.jpg



正月やお盆って特に何もないのですが、

なんだかバタバタしてるようなマッタリしてるような・・・

ま〜そんな独り言を書きながら

今年も気まぐれ更新のブログにお付き合い頂ければ

幸いに存じ上げます。



今年も頑張りましょう!!!



posted by 柴村友之 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月16日

ミラノサローネ視察〜3日目 散策再び2

さて、続きです。

とにかくお腹空いたので

「ルスティチ」の1階に入っていたピザ屋に〜

目的の建物にピザ屋があったのでちょっと嬉しい!



取り合えずマルゲリータっぽいのとワインを注文



イタリアのピザにはS、Mとかいうサイズはありません

もうどれもLサイズ・・・よりちょっと大きい!

四分の一も食べればもう充分という感じ〜


画像 055.jpg


ワインも調子こいてハーフだし

なんか一人で酔っぱらって意地で食べる!食べる!

インターバルしてたら店員さんから「Finish?」聞かれるし・・・

それでもちゃんと完食しましたよ〜

ドヤ顔で、



本当はこの後、オスカー・ニーマイヤーの

モンダドーリ出版社に行きたかったのですが

場所がよく把握できておらず、

どうも手持ちの地図の圏外のようで・・・



TAXIでもいいのですが

帰りを考えると、同行の皆さんにご迷惑を掛ける訳にもいきません。

仕方ない、諦めるか・・・

「ニーマイヤーあんま好きじゃないし」とか言い訳しつつ

地下鉄方面にあるサンピオーネ公園に向かいます。



IMGP0196.JPG

サンピオーネ公園の北門前

路面電車が良い感じです。

古い物や町並みを大切にする文化っていいですね〜



IMGP0201.JPG

平和の門っていうそうです。

でもここから兵隊が戦地に向かってたんだろうな・・・



IMGP0203.JPG

柱のオーダー

これはコリント様式、学生の時に習ったのを思い出すな〜



公園の中にはスフォルチェスコ城があります。

IMGP0213.JPG

ヨーロッパでも有数の領主の居城なんだそうな

外側はレンガ壁ですが


IMGP0211.JPG

回廊はこんな感じ


IMGP0212.JPG

うわ〜屋根、木造だ〜


IMGP0214.JPG

削り取られた紋章。

ミラノ公国がスペイン、オーストリア、フランスなどに支配されていた時は

兵舎としても使われていたそうです。



そんなこんなで結局

ドゥーモ駅に着いたのがもう夕刻

大通りからちょっと路地に入った

人も少ない、お爺さんが営んでいるレストランテで夕食です。



代表的なパスタは全部食べようと思っていたので

今晩はボロネーゼ

画像 059.jpg



イタリア語のメニュー読めないけど

何となく通じるので飲食店は楽しい〜

ひょっとしたらメニューにないのかもしれないけど

どのお店も笑顔で「OK!」と言ってくれるのでいいな〜

勿論、ボーノ!!



お釣りをチップですよと言うと

レジの人が他の店員に伝えて

店員みんなが「グラツィェ!!」と言ってくれるのも

どの店も一緒〜

楽しい!!!



次回からは本命のミラノサローネです!




posted by 柴村友之 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月22日

ミラノサローネ視察〜3日目 散策再び〜

とうとう10月は更新なしでしたね・・・

なんだか最近忙しい〜ふらふら

コートハウスとか結構大きな案件が幾つか重なって・・・

でも、やりがいのある仕事で楽しいですよわーい(嬉しい顔)





てなわけでミラノ。3日目です!

今日は一日フリー!!

ミラノ近隣の近代建築を散策しようと思います〜



折角自転車の本場イタリアに来たのですから

レンタサイクルでガシガシ行くぞ〜と思っていたら

この日は小雨・・・しかも寒!!


IMGP0219.JPG

乗りたかったな〜



まっ取り合えず一番近い「ルスティチ集合住宅」に向かいます。

地下鉄でモスコーヴァ駅まで行き、

そこからは徒歩で行こうと思います。

モスコーヴァ駅からはコルソコモも近いのでちょっと寄り道

コルソコモは雑貨やコレクトショップの街です。

IMGP0218.JPG



調べておいたハイテックでお買い物でもしましょうかね。

画像 121.jpg

って閉まっとるやん!!

おじさんくつろいどるやん!!

今日、月曜日ですけど!?

なんかついてないな・・・



ま、仕方ない、結局遠回りですが「ルスティチ」に向かいます。

この辺は街の住宅街って感じで

IMGP0180.JPG

IMGP0222.JPG

窓廻りに木板を使った建物が多くありました。

木製シャッターや木の格子など・・・

なにか協定があるのかな?

打放ちの新しい建物でも窓の配置や高さを揃えて建ててあるので

古い建物が混在する街でも統一感があります。




随分歩きましたが「ルスティチ集合住宅」に到着です。

IMGP0189.JPG



IMGP0195.JPG

この建物も街にとけ込み過ぎて、初めは気が付かないくらい。

2棟の集合住宅の間が中庭で

各階にある渡り廊下が棟を繋いだ形です。

渡り廊下が水平を強調して軽快な印象を与えます。

中庭には入れるかなと思ったのですが

なぜか工事中・・・

今日はなんか微妙な感じでツイテナイ・・・



しかも、もうお昼過ぎ

寒いし、腹減ったッス・・・



つづく







posted by 柴村友之 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月26日

ミラノサローネ視察〜最後の晩餐〜

お久しぶりのミラノサローネ編です!

やっと3日目かなと思っていたのですが

2日目のセリエA観戦の前に「最後の晩餐」を

見に行っていたのを忘れていました(>_<)



サンタマリア・デッレ・グラツィエ

画像 040.jpg

この教会の食堂に「最後の晩餐」があります〜

事前に予約が必要で指定された時間に見る事ができます。



まだ時間があるので教会内をウロウロ

画像 041.jpg


画像 042.jpg


画像 043.jpg


ルネサンス様式寄りのゴシック建築といった感じ

前述のドゥオーモと比べると明るく、やさしいイメージです。

ドゥオーモは石灰岩や大理石で出来ていましたが

ここはレンガと漆喰で仕上げられています。

完成から540年ほど経っていますが綺麗に保存されてるな〜

と思ったのですが、調べたら世界大戦で殆どが壊されたそうです。

(最後の晩餐だけは奇跡的に残ったそうです)




画像 046.jpg

教会の中にある回廊です。

大きくもなく小さくもなく、落ち着いた空気のとてもいい空間です。

何の花か分からなかったのですが満開で

ひょっとしたら一番いい時期に来たのではないでしょうか。




さて、時間も迫ってきたので「最後の晩餐」に向かいます〜

悲しいかな当然写真撮影不可なのでここからは写真なし・・・

駄文にお付き合いください〜



空調の為でしょう、幾つかの風除室の様なガラス戸を通って

20名くらいの団体がゆっくりと食堂に向かいます。

その厳重さに次第に緊張が・・・



そして最後の扉が開き、細長く、天井の高い部屋へ・・・

中に入り右手を見ると・・・そこにありました。

幅約4mの大きな壁画です。



ミラノに着てからいろいろなフレスコ画を見ましたが

どれよりも繊細で写実的に描かれています。

かなり痛んではいるもののダビンチの絵を生で見るのは初めて

感動です!鳥肌です!

15分の制限時間では物足りないですよ・・・




違う日本人グループのガイドさんの解説を盗み聞きしながら

色々な絵の解釈に「なるほど〜」

と安い理解と相槌を打ちながら

もっと予習しとけばよかったなと思うのでした。




posted by 柴村友之 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記