2014年02月01日

ミラノサローネ視察〜4日目〜その3

もう飽きられたかもしれませんが

まだまだ続きます〜

だって、この日一日で300枚以上写真撮ってますからね・・・

多分、「その6」くらいまで行くかも・・・



家具ばかりも面白くないので

少しブースのデザインも



IMGP0330.JPG

以外に多く見たのが格子


IMGP0331.JPG

近くで見ると、格子の間隔がランダム

もう少し間隔が広い方がいいような気もしますが・・・



IMGP0332.JPG

おや!?



IMGP0334.JPG


IMGP0368.JPG


IMGP0389.JPG


IMGP0379.JPG

こんな感じで部分的に壁をカラフルに見せている所がほんと多かった。


家具も最近はデコラティブなデザイン(モダンデコ?)が

増えてきていると思っていたのですが

以外と細身でシンプルなものが多いような気がする。

でもモダンデコのようなカラフルな色使いは残っている・・・

と、いった感じですね〜




LIVING DIVANI

IMGP0338.JPG

ここの壁はテント地でできていて

壁内からの照明で「光る壁」に!


IMGP0342.JPG

細身のデザインにカラフルな色使い


IMGP0341.JPG

椅子がひっくり返ったみたいなデザイン

こんなのも好き〜


IMGP0339.JPG

これこれ

これ欲しい〜!

その名も「スタッキング テーブル」!

同じ形をした脚を持つ箱を

スタッキングしてるだけなんですが

使えそうじゃないですか?


子供のおもちゃなんか入れても

「パッ」と出して

「パッ」と片付けられそう〜


でも一番上は箱形じゃなくて只の板の方がいいかな

スタッキングすれば蓋!

単体で子供用テーブル!




Kartell

IMGP0345.JPG

そうカルテルです。

リンクはこっちの方がいいかな、


カルテルと言えば

フィリップ・スタルクや吉岡徳仁さん

と、思っていたら

IMGP0347.JPG

ご本人登場!!

インタビュー中ですが、凄い人集り〜!


IMGP0348.JPG

徳仁さんの作品。

人が多くて、綺麗に撮れんじゃん!


IMGP0354.JPG

ファン・ユールのリデザインって感じでしょうか。



つづく




posted by 柴村友之 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月25日

ミラノサローネ視察〜4日目〜その2

saba italia

IMGP0293.JPG

こんなランダムな感じの間仕切り棚は結構見ました。



IMGP0297.JPG

こういう椅子って座り心地どうなんだろう?

と思って座ってみました〜



IMG_3066.JPG

お!?

見た目と正反対で、

包み込まれる感じでとてもいいです!




clei

IMGP0306.JPG

さてこれは何でしょう?



IMGP0307.JPG

実はキッチン!?

ちゃんとシンクやコンロ、オーブン、換気扇、冷蔵庫まで

一つのユニットに収まっています〜

単身やセカンドキッチンによさそうですが

実用性はいかに?




BONALDO

IMGP0313.JPG

この位の色合いが数多く出展されていました。



IMGP0314.JPG

また大きな照明

大きくてもデザインがシンプルなので

いやらしくありません。

スタンド自体が光っているのも面白いですね。



IMGP0315.JPG

天板を薄く見せるのは当たり前。

高さや形状を変えて、個々のテーブルを

組み合わせてるのがいいな〜

よく見ると結構複雑・・・




baxter

IMGP0325.JPG


IMGP0323.JPG

個性的なブランドですね〜


IMGP0321.JPG

コンクリートの様な柄の椅子。

最近の印刷技術は凄い!!


IMGP0327.JPG

寄木かな? と思って近づいてみたら

ただ単に着色していただけ・・・

でもこれもアリだな〜

面白い〜




まだまだまだまだ

続きますよ〜




posted by 柴村友之 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月18日

ミラノサローネ視察〜4日目 その1〜

やっと本命のミラノサローネです。

会場はフィエラ・ミラノ国際見本市会場

設計はマッシミリアーノ・フクサス氏

画像 060.jpg

会場は本当に広くて、世界各国から沢山の人が集まっています。



入口から会場まで結構な距離があるのですが

その途中には幾つものカフェがありました。

IMGP0227.JPG



しかし、あまりにも広く、出店数も800近いらしいので

一日で全てを見るのは不可能ですね・・・

取り合えず、気になった所を挙げていこうと思います〜



Poliform

アクタスでも取扱っている(金額も)アダルトなメーカー


IMGP0241.JPG


IMGP0234.JPG


IMGP0236.JPG

IMGP0239.JPG


彩度の低い色使いでパープルをアクセントにしています。

しかし照明器具が大きいです。

どのメーカーも大きいので、トレンドですかね〜




Flexform

ここも高級ブランドですね〜


IMGP0249.JPG


IMGP0254.JPG


ソファーは座面が低くて、広いものが流行っているそうです。

照明でかい・・・


IMGP0250.JPG

クッションにボリュームがあっても

フレームが細いと軽快な印象が・・・好きだな〜


IMGP0253.JPG

ヘッドレストにウエイトを付けてポンと置くだけ!




Porada

柔らかな曲線の木工が特徴


IMGP0267.JPG

やっぱりこういう椅子はいいな。

どんな家でも合う!

和風でも合う!


IMGP0266.JPG

戸の枠が取手になっています。

幾つか並ぶと本当綺麗。


IMGP0269.JPG

ソファーサイドの照明

いい存在感ですね〜


IMGP0270.JPG

これも、どんな家でも合いそうです。


IMGP0271.JPG

これぞPorada!




Giulio Marelli

IMGP0281.JPG

やっぱり、低くて広いソファー


IMGP0280.JPG

こういう面で光るのをやってみたいけど

影が出たりして、難しそう・・・




TONON

IMGP0284.JPG

こんな可愛らしい形で

淡い色合いの椅子も嫌いじゃない〜


IMGP0285.JPG

ちょっとトーネットっぽい椅子

単純な形だけど接合部なんかは難しそう。




Res

ドアのメーカーです。

光沢のあるドアが綺麗です。


IMGP0289.JPG

おや?!格子ですか? と思ったのですが

框の表裏にアクリル板を貼っています。


IMGP0290.JPG

これは Res じゃないけど

隣のブースにあった暖炉!!

スゴイ!!




つづく




posted by 柴村友之 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月07日

明けていましたおめでとう御座います。

私も昨日より通常営業

皆様、良い年越しを過ごせましたでしょうか?



私はいつもより少し長いお正月休みを

いつものように過ごして居りました〜



子供達と遊んだり〜


雪の中、平尾台まで走り納めに行ったり〜(寒)

画像 019.jpg


双方の実家で大酒を頂いたリ〜

画像 020.jpg



正月やお盆って特に何もないのですが、

なんだかバタバタしてるようなマッタリしてるような・・・

ま〜そんな独り言を書きながら

今年も気まぐれ更新のブログにお付き合い頂ければ

幸いに存じ上げます。



今年も頑張りましょう!!!



posted by 柴村友之 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月27日

仕事納め

早いもので今日で仕事納め

今年はバタバタでしたが、イタリアにも行けたし

仕事も充実した年でした。

(ブログ更新は充実していませんが・・・)



最後に、たまにはお仕事の事を〜

丁度、今年の1月からプランニングを始めて

つい先日お引渡しをしたお宅です。



IMG_6186.JPG

外壁は黒漆喰と米杉、フラットバーの格子でまとめ

軒先を薄くしスッキリとした外観に、



IMG_6182.JPG

玄関ドアも米杉で

取手のないデザインのものを使ってます。



IMG_6099.JPG

玄関も極力スッキリと、



IMG_6107.JPG

敷地GLはアプローチから1mほど下がっているので

玄関ホールに階段があります。

正面には既存の花壇があり

ピクチャーウインドウも丁度いい高さにしています。



IMG_6156.JPG


IMG_6167.JPG

リビング

やっぱり天井高は2,400くらいが落着きますね。

間接照明とカーテンボックスで天井が浮いた感じに。

引戸の取手はオリジナル



IMG_6148.JPG

和室



IMG_6179.JPG

寝室は窓の大きさに注意して

暗過ぎず、明る過ぎずの部屋に



個人的な好みで、今年一番のお宅です!



事前にご連絡頂ければ、訪問見学も可能ですので

興味のある方は是非!





それでは

来年も皆様にとって良い年になりますように〜



(ミラノサローネ記も年越しふらふら




posted by 柴村友之 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年12月16日

ミラノサローネ視察〜3日目 散策再び2

さて、続きです。

とにかくお腹空いたので

「ルスティチ」の1階に入っていたピザ屋に〜

目的の建物にピザ屋があったのでちょっと嬉しい!



取り合えずマルゲリータっぽいのとワインを注文



イタリアのピザにはS、Mとかいうサイズはありません

もうどれもLサイズ・・・よりちょっと大きい!

四分の一も食べればもう充分という感じ〜


画像 055.jpg


ワインも調子こいてハーフだし

なんか一人で酔っぱらって意地で食べる!食べる!

インターバルしてたら店員さんから「Finish?」聞かれるし・・・

それでもちゃんと完食しましたよ〜

ドヤ顔で、



本当はこの後、オスカー・ニーマイヤーの

モンダドーリ出版社に行きたかったのですが

場所がよく把握できておらず、

どうも手持ちの地図の圏外のようで・・・



TAXIでもいいのですが

帰りを考えると、同行の皆さんにご迷惑を掛ける訳にもいきません。

仕方ない、諦めるか・・・

「ニーマイヤーあんま好きじゃないし」とか言い訳しつつ

地下鉄方面にあるサンピオーネ公園に向かいます。



IMGP0196.JPG

サンピオーネ公園の北門前

路面電車が良い感じです。

古い物や町並みを大切にする文化っていいですね〜



IMGP0201.JPG

平和の門っていうそうです。

でもここから兵隊が戦地に向かってたんだろうな・・・



IMGP0203.JPG

柱のオーダー

これはコリント様式、学生の時に習ったのを思い出すな〜



公園の中にはスフォルチェスコ城があります。

IMGP0213.JPG

ヨーロッパでも有数の領主の居城なんだそうな

外側はレンガ壁ですが


IMGP0211.JPG

回廊はこんな感じ


IMGP0212.JPG

うわ〜屋根、木造だ〜


IMGP0214.JPG

削り取られた紋章。

ミラノ公国がスペイン、オーストリア、フランスなどに支配されていた時は

兵舎としても使われていたそうです。



そんなこんなで結局

ドゥーモ駅に着いたのがもう夕刻

大通りからちょっと路地に入った

人も少ない、お爺さんが営んでいるレストランテで夕食です。



代表的なパスタは全部食べようと思っていたので

今晩はボロネーゼ

画像 059.jpg



イタリア語のメニュー読めないけど

何となく通じるので飲食店は楽しい〜

ひょっとしたらメニューにないのかもしれないけど

どのお店も笑顔で「OK!」と言ってくれるのでいいな〜

勿論、ボーノ!!



お釣りをチップですよと言うと

レジの人が他の店員に伝えて

店員みんなが「グラツィェ!!」と言ってくれるのも

どの店も一緒〜

楽しい!!!



次回からは本命のミラノサローネです!




posted by 柴村友之 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月22日

ミラノサローネ視察〜3日目 散策再び〜

とうとう10月は更新なしでしたね・・・

なんだか最近忙しい〜ふらふら

コートハウスとか結構大きな案件が幾つか重なって・・・

でも、やりがいのある仕事で楽しいですよわーい(嬉しい顔)





てなわけでミラノ。3日目です!

今日は一日フリー!!

ミラノ近隣の近代建築を散策しようと思います〜



折角自転車の本場イタリアに来たのですから

レンタサイクルでガシガシ行くぞ〜と思っていたら

この日は小雨・・・しかも寒!!


IMGP0219.JPG

乗りたかったな〜



まっ取り合えず一番近い「ルスティチ集合住宅」に向かいます。

地下鉄でモスコーヴァ駅まで行き、

そこからは徒歩で行こうと思います。

モスコーヴァ駅からはコルソコモも近いのでちょっと寄り道

コルソコモは雑貨やコレクトショップの街です。

IMGP0218.JPG



調べておいたハイテックでお買い物でもしましょうかね。

画像 121.jpg

って閉まっとるやん!!

おじさんくつろいどるやん!!

今日、月曜日ですけど!?

なんかついてないな・・・



ま、仕方ない、結局遠回りですが「ルスティチ」に向かいます。

この辺は街の住宅街って感じで

IMGP0180.JPG

IMGP0222.JPG

窓廻りに木板を使った建物が多くありました。

木製シャッターや木の格子など・・・

なにか協定があるのかな?

打放ちの新しい建物でも窓の配置や高さを揃えて建ててあるので

古い建物が混在する街でも統一感があります。




随分歩きましたが「ルスティチ集合住宅」に到着です。

IMGP0189.JPG



IMGP0195.JPG

この建物も街にとけ込み過ぎて、初めは気が付かないくらい。

2棟の集合住宅の間が中庭で

各階にある渡り廊下が棟を繋いだ形です。

渡り廊下が水平を強調して軽快な印象を与えます。

中庭には入れるかなと思ったのですが

なぜか工事中・・・

今日はなんか微妙な感じでツイテナイ・・・



しかも、もうお昼過ぎ

寒いし、腹減ったッス・・・



つづく







posted by 柴村友之 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月26日

ミラノサローネ視察〜最後の晩餐〜

お久しぶりのミラノサローネ編です!

やっと3日目かなと思っていたのですが

2日目のセリエA観戦の前に「最後の晩餐」を

見に行っていたのを忘れていました(>_<)



サンタマリア・デッレ・グラツィエ

画像 040.jpg

この教会の食堂に「最後の晩餐」があります〜

事前に予約が必要で指定された時間に見る事ができます。



まだ時間があるので教会内をウロウロ

画像 041.jpg


画像 042.jpg


画像 043.jpg


ルネサンス様式寄りのゴシック建築といった感じ

前述のドゥオーモと比べると明るく、やさしいイメージです。

ドゥオーモは石灰岩や大理石で出来ていましたが

ここはレンガと漆喰で仕上げられています。

完成から540年ほど経っていますが綺麗に保存されてるな〜

と思ったのですが、調べたら世界大戦で殆どが壊されたそうです。

(最後の晩餐だけは奇跡的に残ったそうです)




画像 046.jpg

教会の中にある回廊です。

大きくもなく小さくもなく、落ち着いた空気のとてもいい空間です。

何の花か分からなかったのですが満開で

ひょっとしたら一番いい時期に来たのではないでしょうか。




さて、時間も迫ってきたので「最後の晩餐」に向かいます〜

悲しいかな当然写真撮影不可なのでここからは写真なし・・・

駄文にお付き合いください〜



空調の為でしょう、幾つかの風除室の様なガラス戸を通って

20名くらいの団体がゆっくりと食堂に向かいます。

その厳重さに次第に緊張が・・・



そして最後の扉が開き、細長く、天井の高い部屋へ・・・

中に入り右手を見ると・・・そこにありました。

幅約4mの大きな壁画です。



ミラノに着てからいろいろなフレスコ画を見ましたが

どれよりも繊細で写実的に描かれています。

かなり痛んではいるもののダビンチの絵を生で見るのは初めて

感動です!鳥肌です!

15分の制限時間では物足りないですよ・・・




違う日本人グループのガイドさんの解説を盗み聞きしながら

色々な絵の解釈に「なるほど〜」

と安い理解と相槌を打ちながら

もっと予習しとけばよかったなと思うのでした。




posted by 柴村友之 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月12日

LIXILショールーム

今日も東京です。

LIXILさんの新宿にあるショールームに行ってきました。


image.jpg


商品を見るのもいいのですが

私はショールームそのものを見る方が好き。


image.jpg

image.jpg

照明を見たり、


image.jpg

image.jpg

サインを見たり、


image.jpg

スタッフ控室用ドアの取手を見たり、

これはこれで凄い楽しいな〜

今度、参考にさせて頂きます。





image.jpg

おや?!

観光もしちゃいます〜


posted by 柴村友之 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年09月11日

COMMAハウス

今日は東京大学駒場キャンパスにある実験棟

COMMAハウスに来ています。

少ないエネルギーで快適に暮らすため

建築に何が出来るか勉強です!

image.jpg


写真をUPして色々ご紹介しようと思ったのですが

結局、記念撮影しか許可が出ませんでした。

image.jpg

まだ実験中だから仕方ない…


でも、ロフトや一面しか窓を設けられない部屋の

開口部の開け方など、体感しながら学ぶことが出来ました。

これからまた新しい提案ができると思いますよ〜(^∇^)



移動中に安藤忠雄の渋谷駅にぶらり

地下に玉子が潜り込んだ様な形で

三層の吹抜があり外気と接しています。

image.jpg


image.jpg


image.jpg


もっと玉子形が見て取れるかと思ったが

そうでもなかった…


それよりも印象的だったのは、

image.jpg

忘れてたわ〜 感激!!




posted by 柴村友之 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事